さらに親鸞、珍しき法をひろめず

親鸞聖人は約800年前、京都に生まれられ、90歳で亡くなられました。

その90年間、いったい、何を教えていかれたのでしょうか。

親鸞聖人、常に仰言っておられたお言葉が、

「さらに親鸞珍しき法をひろめず、釈迦の教法を我も信じ、人にも教えきかしむるばかりなり」

でありました。

「この親鸞の伝えていることは、釈迦の教えだけだ。これ以外になにもない」と言われています。

親鸞聖人の教え、とか、浄土真宗、と聞きますと、なにか珍しい教えのように思う人もある

かもしれませんが、そうではないのです。 釈迦の教法、仏教以外には、なにもないのです。

お釈迦様の教えられたこと以外には、何一つ教えられなかったのが親鸞聖人です。

「親鸞、さらに私なし」とも言われています。

自分の考え、思い、など、まったく無い、ただお釈迦様の教えを正確に伝えられた方だと

いうことがわかります。

では、お釈迦様の教え、仏教とは、どんな教えなのでしょうか。

Comments are closed.