親鸞聖人の教えと弥陀の本願

釈迦の説かれた一切経を幾たびも読み破られた親鸞聖人は、

釈迦が一生涯教えられたことは、阿弥陀仏の本願、ただ一つであった、

と断言されています。

「如来所以興出世 唯説弥陀本願海」 (正信偈)

すべての人は、毎日毎日、苦しんで生きています。

それは、なぜか。後生の一大事という大問題を持っているからです。

後生とは、一息切れれば後生です。死、ということ。

全人類の確実な未来です。 その後生がどうなっているのか、未来が

真っ暗がりなのです。これほどの不安はありません。

その後生の一大事の解決ができる方は、大宇宙広しといえども、

阿弥陀如来しかおられないと、お釈迦様は繰り返し教えられています。

そして、仏教の結論として、

「一向専念 無量寿仏」 と説かれています。

無量寿仏とは、阿弥陀仏のことです。

阿弥陀仏一仏に向かえ、阿弥陀仏だけを信じよ、これよりお前たちの

後生の一大事、助かる道はないのだよ、との仰せです。

親鸞会では、一向専念無量寿仏を徹底して叫ばれた親鸞聖人の

み教えが、正確に説かれています。

親鸞会の行事案内は、ホームページをご覧ください。

Comments are closed.