親鸞聖人と、なぜ生きる

私たちは、朝から晩まで、「どう生きる」 しか、考えていない。

世界中の本は、みな、「どう生きる」 のことしか、書かれていない。

しかし、たとえ、どんな生き方をしたにしろ、

200年も300年も生きる人はいない。

何百万冊の本に書かれていることを実行して、よりよい生き方を

しても、いつまでも間に合うことが書かれているのではない。

やがて、すべての本が、間に合わないときが来る。

この地上を去らねばならないとき。

遠い先の話だろうか。

悠久の宇宙の生命からいうと、私が生まれて、生きて、死んでいく、

その一生は、瞬間的だ。 その瞬間的なことばかりしか、

世間中の本には、書かれていない。

親鸞聖人は、「なぜ生きる」 を明らかにされた。

全人類にとって、もっとも大事なことを教えられたので、

世界の光と言われて当然だ。

親鸞会では、親鸞聖人の教えを正確に説かれています。

「なぜ生きる」 を親鸞会で聞き、そして達成しましょう。

Comments are closed.