親鸞聖人のご生涯

今日、世界の光といわれている親鸞聖人とは、どんな方だったのでしょうか。

親鸞聖人は、今から約800年前に、京都にお生まれになっておられます。

お父様は藤原有範、お母様は吉光御前といわれました。

ところが、四つのときにお父さんが、八つのときにはお母さんが亡くなりました。

「次に死ぬのはおれの番だ。死んだらどうなるのだろうか」

真剣に考えこまれた親鸞聖人は、真っ暗な我が身の後生に驚かれました。

なんとか、後生暗い魂の解決がしたい、と、9歳で出家されて20年間、

比叡の山で法華経の修行に打ち込まれました。

大曼の難行までやり遂げられましたが、どうにも暗い後生の解決ができず、

なきなき山を下りられたのは、親鸞聖人29歳の春でした。

「どこかに、この暗い後生の解決を教えてくださるお方はないのか」と、

京都の町を夢遊病者のようにさまよい歩かれるのでした。

親鸞聖人の教えが、親鸞会でとかれています。

親鸞会の会館は、富山県にあります。

Comments are closed.