親鸞聖人の教え 若不生者について

親鸞聖人は、生涯、釈迦の教え以外には教えられませんでした。
お釈迦様は、自分の先生である阿弥陀如来の本願以外には、説かれて
いません。弥陀の本願以外に、仏教はないし、親鸞聖人の教えもありません。
その弥陀の本願について、お話していました。

阿弥陀仏は、本願に、「若し生まれずは、正覚を取らじ」 と誓われています。
もし、生まれさせることができなければ、正覚(仏の命)を捨てる、と言われています。
ここで、「生まれさせる」の意味がハッキリいたしません。

ほとんどの人は、死んで極楽へ生まれさせることだろう、と解釈します。
ところが、お釈迦様は、本願成就文の中で、「即得往生 住不退転」 と
解説され、この「生」 は、私たちの暗い心を、明るい心に生まれさせることだ、
とハッキリ仰言っています。
それをまた、親鸞聖人が解説されたのが、愚禿鈔の次のお言葉です。

信受本願 前念命終
即得往生 後念即生

「本願を信受する」とは、本願とは、阿弥陀仏の本願、漢字36文字のことです。
信受とは、「本願まことだったー!」と、弥陀の本願に疑い晴れたことをいいます。
「まことなるかなや、摂取不捨の真言、超世希有の正法」 と、教行信証に書かれて
いることと同じです。

「前念」とは、迷いの命、後生暗い心、自力の心、無明長夜の闇のこと。
どれも同じで、果てしない過去から、我々を迷わせ続けてきた苦悩の根元です。

この続きは次回お話しましょう。
親鸞会では、本当の親鸞聖人の教えが説かれています。
親鸞会のことがもっと知りたい方は、ホームページをご覧ください。

Comments are closed.