親鸞聖人の教えと親鸞会

正統な親鸞聖人の教えとは、なんでしょうか?

親鸞聖人の教えのすべては、教行信証六巻に書かれています。

ですから、教行信証に教えられている通り、教えられていれば、

それこそが親鸞聖人の正しい教えです。

では、教行信証には、何が教えられているのでしょうか。

三重廃立 これで100点満点です。

三重廃立とは、内外廃立、聖浄廃立、真仮廃立です。

この三つを徹底して教え、三願転入を正確に説かれているかどうか、

これが基準となります。

浄土真宗親鸞会では、この親鸞・覚如・蓮如上人を一貫する

三重廃立の教えを鮮明に説かれています。

今日では、浄土真宗という看板を出しながら、中身はまるで聖人の

教えに反するものばかりで、葬式仏教、法事仏教となり、衰退の

一途をたどっております。大衆からは見放され、馬鹿にされ、

寺に用事があるのは葬式か法事か。 その葬式や法事も、寺に

依頼するのは馬鹿らしい、という人も増えています。

本当の親鸞聖人の教えが聞きたい方は、親鸞会での聞法を

お勧めします。

Comments are closed.