親鸞聖人の教え 平生業成

親鸞聖人の教えは? と聞かれたら、「平生業成」 と答えたら百点満点です。

親鸞聖人の教えの一枚看板が、「平生業成」 だからです。

へいぜいごうじょう、と読みます。

平生の行い、という意味で使っている人がありますが、まったく違います。

平生とは、死後ではない、生きている現在、ただいま、という意味。

業とは、事業の業の字を書いて、仏教ではごう、と読みます。

人生の大事業、人生の目的、のことです。

何の為に生まれてきたのか、生きているのか、どんなに苦しくてもなぜ生きねば

ならないのか。これが人生の目的です。すべての人にとって、これ以上大事な

ことはありません。

最後の成とは、完成する、達成する、という意味。

人生には、これ一つ果たさねばならない大事な目的がある。それは現在完成

できる。だから早く完成しなさいよ、と教えられたのが親鸞聖人ですから、

親鸞聖人の教えを、平生業成の教え、といわれるのです。

では、人生の大事業、人生の目的、とは一体、なんでしょうか。

Comments are closed.