Articles Posted in ‘ 親鸞聖人の生涯について ’ Category

弥陀に救われてからの親鸞聖人

火曜日, 6月 7th, 2011

29歳で弥陀に救い摂られてから、90歳で亡くなるまでの、

親鸞聖人のご生涯は、まさに波乱万丈でありました。

31歳のときには、僧侶には固く禁じられていた肉食妻帯を

断行されました。

そのために、戒律をやぶった坊主じゃ、堕落坊主、と、

死ぬまで非難攻撃を受けられました。

34歳では、友だちの、弥陀の本願の聞き誤りを正さんが

ために、大きな争いを3回もされています。

今日、親鸞聖人の三大諍論といわれます。

親鸞会の二千畳の会館で行われた降誕会では、このような

親鸞聖人のたくましいご一生を貫いている心、親鸞聖人を

このように動かしめた心とは、一体どんな心だったのか、

聞かせて頂きました。 親鸞会の行事日程などは、

ホームページをご覧下さい。

親鸞聖人の90年

金曜日, 1月 16th, 2009

今回は親鸞聖人の90年の生涯について、年表形式でご紹介したいと思います。

年号  西暦   年齢  出来事
承安3  1173   1   京都、日野にてご生誕
安元2  1176   4  お父さまと別離
治承4  1180   8  お母さまご逝去
養和1  1181   9  出家得度
建久2  1191  19  磯長の夢告
建久9  1198  26  赤山明神での女性との出会い
正治2  1200  28  大乗院の夢告
建仁1  1201  29  比叡下山
建仁1  1201  29  六角堂参籠、救世観音の夢告
建仁1  1201  29  聖覚法印と出会い、法然上人のもとへ
建仁1  1201  29  信心決定
建仁3  1203  31  肉食妻帯
元久2  1205  33  『選択本願念仏集』の書写を許される
建永1  1206  34  三大諍論
承元1  1207  35  承元の法難
建保2  1214  42  上野国佐貫で『浄土三部経』読誦を思い立たれるが、すぐ中止、常陸に赴かれる
建保5  1217  45  日野左衛門済度
建保6  1218  46  田植え歌
承久3  1221  49  弁円済度
寛喜3  1231  59  報いきれない仏恩に苦しまれ、高熱で寝込まれる
仁治2  1241  69  平太郎、熊野権現で霊夢を見る
康元1  1256  84  善鸞義絶
康元1  1256  84  蓮位房、「聖人は阿弥陀如来のご化身」という霊夢を見る
弘長2  1262  90  ご往生

親鸞聖人は、このような生涯を送られて、一体、何を明らかにされたのでしょうか。